低予算でも風俗は楽しめる

結構シビアに考えますね

自分自身、風俗のことはかなりシビアに考えるようにしていますね。なぜなら、あまり偉そうにするつもりはないんですけど、風俗って客商売と言うか、どうしてもそこはもう自分でも真剣に考慮しなければならない部分じゃないですか。だって自分で何をするのかによって、全然結果が変わってくるんです。それなら当然ですけどもっとシビアにいろいろなことを考えなければならないって思うのは当たり前の話だと思うんですよね。だから風俗はかなりシビアに考ええるようにしています。費用対効果はどれくらいものなのかとか、楽しめるのは間違いないのかとか、風俗嬢側からすれば面倒なお客に映るかとは思うんですけど(苦笑)でも他ならない自分自身のための話じゃないですか。これはもうやっぱり真剣に考えるべきことだと思うんですよね。そうじゃないと意味がないとも思うので、風俗では真剣に考えるよう、かなりシビアな視線を持って楽しむよう心掛けているんですよ。

なぜ意識が向くのかと言えば…

人妻って存在そのものが気になるんです。これは風俗だけじゃないんです。AVで動画を見る時もそうです。「人妻」という言葉あると、そこに反応してしまう自分がいるんですよね。だから風俗を楽しむ時にも当然ですけど人妻が第一候補なんですよ(笑)人妻にしておけば間違いない。そんな確信のようなものがあるんです。それで人妻と楽しませてもらうことも珍しくないんですけど、人妻風俗嬢はこちらに対してとっても優しいですし、何よりとっても積極的なんです。その姿勢が、自分には本当にありがたいんですよね。それで人妻への信頼感が高まるじゃないですか。すると、次の風俗の機会でもやっぱり「人妻が良いな」になるんです(笑)こちらの期待を裏切らない実力を持っているからこそ、指名したいなって気持ちになるんです。そして、指名すればまた楽しめる…人妻にはこのような好循環が生み出されているので、人妻という存在に対しての信頼感が高まっているのかなって。